バス車内事故防止キャンペーン

走行中のバス車内での事故を防止するため、「車内事故防止キャンペーン」を実施します。

走行中に席を離れると、転倒など思わぬけがをする場合があります。お降りの際は、バスが停留所に着いて完全に止まってから席をお立ち願います。また、バスは安全運転に徹しておりますが、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。満席のため、お立ちになってご利用いただく場合には、吊革や握り棒にしっかりおつかまり下さい。

バスの車内事故防止に皆様のご理解とご協力をお願いします。                                                                                                      

また、道路交通法の改正により、平成20年6月1日から後部座席におけるシートベルトの着用が義務化され、バスのお客様につきましてもシートベルトの着用義務の対象となっております。高速道路を走行するバスなどシートベルトの付いているバスでは、お客様の安全のため、法律の趣旨をご理解いただきまして、シートベルトを必ずご着用下さいますようお願い申し上げます。

【実施期間】

平成29年7月1日(土)〜7月31日(月)(1か月間)

【重点項目】

1.一般乗合バス(高速バスを除く)

(1) ゆとり乗降(バスが停車してから離席する。)の啓発

(2) ゆとり運転(乗客が着席してから発車する。)の励行
   停留所発車時における安全基本動作を徹底する


2.貸切・高速バス

乗客へのシートベルト着用の徹底

閉じる