よくある質問

ホームよくある質問
採用問合せや面接の際、特に多い質問にお答えします。
ご応募前の参考になれば幸いです。

長時間勤務って本当?

Q. タクシーの業務は長時間労働と聞きますが、実際どのくらい働くんでしょうか?

A. タクシーの勤務形態は、一日おきに出勤する隔日勤務が一般的です。
勤務日は朝から夜中まで働くため、長時間労働になります。
しかし考え方は二日分働いて一日休むということになり、16時間働いたとしても、一日分に換算すると8時間分の労働といえます
もちろん規定の範囲内でもう少し長い時間働くことや、逆に短くすることもできます。残業が、ほとんど無いのもタクシーのいいところです。

稼げないって話も聞くけど、実際どうなの?

Q. タクシーは低収入で割に合わないと言う話も聞きますが、実際どうなんでしょうか?

A. タクシーが低収入という悪いイメージは、評価の対象が給料の平均値であるためについたものです。
タクシードライバーの中には年金を受給しながら仕事量を調整している人や、ご家庭の事情などで勤務時間を短くされている方もたくさんいらっしゃいます。
効率よくたくさん仕事をこなして安定収入を得ている人も多くいらっしゃいますので、真面目に頑張れば心配はありませんし、一般的なサラリーマンより高収入を得ることも可能です。

地理に自信が無くても大丈夫?

Q. 地理がほとんどわからず、不安なんですが・・・?

A. 広交タクシーでは、稼働している全てのタクシーにナビゲーションが搭載されています。
無線配車を受けた時にも自動的に案内してくれますので、初心者でも大丈夫です。
また、教育期間中に地理に関するノウハウをお伝えしますのでご安心下さい。

事故を起こしたらどうなる?

Q. 万一事故を起こしてしまったら弁償しなければなりませんか?

A. 広交タクシーでは、いかなる事故の場合でも従業員に費用弁償させることはありません
ただし、起こした事故内容により、給与・賞与における考課査定はあります。
全てのタクシーは任意保険に加入しておりますので、万一の場合も安心です。

タクシー乗務員のメリット

Q. 他の業種に比べて、タクシー乗務員ならではのメリットってありますか?

A.
①プライベートの時間が多い
一般的な隔日勤務だと、一日働いたら翌日は非番なので、家族と過ごす時間や、自分の趣味を楽しむ時間がたっぷりとれます
また、一日おきの休みに加え、約2週間おきに公休もありますので、その際は非番・公休・非番と3連休になります。
有給休暇を合わせると、それ以上の連休をとることも可能です。 このことを活かしてご自身のライフワークを充実させる方や、育児・介護をしながら無理なく働いておられる方がたくさんいらっしゃいます。
②選べる勤務形態
勤務形態が多彩ですので、バリバリ働きたい方はもちろん、年金を受給しながら勤務を調整したり、ご自身の体調やご家族のご都合に寄り添った働き方も可能です。
③予定が立てやすい
年間を通して勤務日がハッキリしていますので、プライベートの予定が立てやすいのも魅力です。
④ご家族の急な事情等にも対応しやすい
勤務中にお子様が発熱した等の突発的な場合でも、乗務を中断して駆けつけ、落ち着いてから乗務を再開したり、そのまま半休にするといった対応ができるのも安心して働ける要素です。育児やご家族の介護をしながら働く方にも優しい仕事です。

将来の展望は?

Q. 入社後、将来の展望はどのようなものがありますか

A. タクシー乗務員として働いていただく上で、様々な選択肢があります。
たとえば、観光に特化した観光要員や観光バスハイヤー乗務員への登用、乗務監督として他の乗務員の範となっていただいたり、管理職への登用もあります。
もちろん何十年とベテラン乗務員として働いていただいている方が最も多く、個人タクシーの資格をとって開業される方もいらっしゃいます。
広交タクシーでは優秀な個人タクシー事業者が増えることもバックアップしたいと考えています。


まずはお気軽にお電話でお問合せください 082-294-6471
お申し込みフォーム

まずはお気軽にお電話でお問合せください 082-294-6471

お申し込みフォーム

広交タクシー  広交タクシー

〒733-0036  広島市西区観音新町3-2-1  
Tel:082-292-9000  
Fax:082-293-3243  
E-mail:taxi@hiroko-group.co.jp

ページのトップへ