一般事業主行動計画

計画策定

2018年3月30日

計画期間

2018年4月1日 ~ 2023年3月31日[次]

2021年4月1日 ~ 2028年3月31日[女]

1.雇用環境の整備に関する事項

(1)妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の
   整備

<目標1> 男性の子育て目的の休暇の取得促進[次]
【対策及び実施時期】
2018年4月より、「育児休業規程」を引き続き事業所内の見やすい場所に備えつけ周知するとともに、「子の看護休暇」の取得方法をよりわかりやすく するため、申請用紙を事業所内の見やすい場所に備え付ける。
<目標2> 育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産
      後休業など諸制度の周知[次]
【対策及び実施時期】
2018年4月より、関係法令・諸制度についてのリーフレットや「育児休業規程」、「介護休業規程」を事業所内の見やすい場所に備え付け、周知する。

(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

<目標3> 年齢・技能に応じた職種の提供[次]
【対策及び実施時期】
2018年4月より、労働者個々の申し出やその事情等を勘案して、その都度労使間で協議し決定する。

(3)職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備

<目標4> 従業員全体の有給休暇取得率を5%以上引き上げる[女]
【対策及び実施時期】
適切な人員配置等により、有給休暇を取得しやすい職場環境を整える。2021年4月より各部署の有給休暇取得状況を毎月確認し、取得の推進を図る。
【行動実績】
有給休暇取得率
2020年度
運転者 86.9%
事務員 35.0%
その他従業員 103.4%
従業員全体 79.3%

2.1以外の次世代育成支援対策に関する事項

<目標5> 『乗合バス』により親しみをもっていただく[次]
【対策及び実施時期】
2018年4月より、路線沿線の小学校や子ども会等を対象とした交通安全・マナー講習会等を積極的に実施する他、中学校からの要請を受け職業体験学習の対象企業として生徒を随時受け入れる。また、バスまつりなどの利用促進イベントや、地域の子どもを含め多くの方々に親しみをもっていただけるようなイベントへ積極的に参加する。

3.女性の職業生活における活躍の推進に関する事項

<目標6> 採用者に占める女性割合を5%以上とする[女]
【対策及び実施時期】
2021年4月より、特に運転者については、女性を含む募集であることを明記する他、自社ホームページ上の募集において、男女ともに活躍している職場であることを映像等で広く周知する。
【行動実績】
運転者採用状況
2018年度 2019年度
採用者数 19名 20名
うち女性の人数 2名 1名
女性の割合 10.5% 5%

次世代支援対策推進法に基づく計画[次]

女性活躍推進法に基づく計画[女]

広島交通 トップページ